FXに出てくる用語を覚えておこう

FXを行うには用語をしっかり覚えておくのが良いですよ。
特にスワップ・スプレッド・レバレッジの3つは最低でも覚えておきたいことだと言われているみたいです。
ですから、初心者の人はぜひ覚えておいて下さいね。
スワップとは、交換するという意味で取引を行なっている通貨間の金利差のことをさすことからスワップ金利とも呼ばれています。高金利の通貨を買って低金利の通貨を打っている状態であれば受け取ることが出来るものなんです。
でも、低金利の通貨を買って高金利の通貨を打っているときは払わなければなりませんので、ご注意を。


FXで出てくるスプレッドとは?

FXで出てくるスプレッドとは、買値と売値の差をさします。
毎回取引をする時にかかる手数料のようなものですので、スプレッドが狭い方が有利に取引を行う事が出来ますよ。
(さらに詳しく→→スワップ金利・スプレッドって何?

これはぜひ覚えておきたい用語ですから、覚えるようにして下さいね。
確かに、毎回手数料を支払うのは結構な負担になってしまいます。
ちなみに、スプレッドの意味は広がりだそうですが、FXでは差額と訳しているみたいですよ。


最後にレバレッジとは何?

最後にレバレッジですが、これは少額で大きな金額の取引を行う仕組みのことをいいます。
レバレッジは、てこの作用を意味しているのですが、FXで使われるレバレッジは、てこの原理のように小さな力で大きなものを動かす力。
表示の仕方は、××倍というふうに出るみたいですから覚えておいてくださいね。