FX初心者が守るべき3つのこと

FXは他の投資と比べても非常にスピード感のあるもので、ほんの5分足らずで何百万という資産を増やすことも可能ですが、もちろんその逆も然りです。
そこで、この3つを守っておけばそんなに大きな負けを食らうことはないと思う「鉄則」をご紹介します。


FX初心者が守るべき3カ条

鉄則1:FXの「キモ」は、勝つことではなく「負けないこと」にあると覚えよ。
このサイトの中でも何度か触れていますが、「1000円の勝ちを9回収めて、1回の1万円負け」を食らう人より、「1回の1万円勝ちのあとに、1000円負けを9回した人」の方がプラスマイナスの額としては大きいのです。
何回勝っていようが、ここぞという時に大きく負けてしまう人はFXでは絶対稼げません。
08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

大きく勝つことではなく大きく負けなければ、FXは大損することはあり得ません。
株のように翌日になっていきなり会社が倒産して株券が紙屑になるなんてことも起きないので、あとはあなたのリスクヘッジがどれだけしっかりしているかにかかっています。


鉄則2:「ピンチはチャンス」ではなく「チャンスはピンチ」の考え方をせよ。
よくスポーツやビジネス書の中などでは「ピンチの時こそチャンスだと思え」というような文言を見かけますが、FXにおいては「チャンスはピンチ」という考え方をオススメします。
bcc4372f048919701bcab0737a3b667e_s
「ここがチャンスだ!ここを逃したら向こう一か月はこんなチャンス来ないぞ!」という考え方は非常に危険です。
ここぞという時に大負けをする人の大半はこういうことを思いながらポジションを取って、致命傷を負うまで止まらないということをやってしまいます。

確かに一晩で10万円稼げる、100万円稼げるなんてチャンスはそうそう来ないかもしれませんが、そんな時にこそ思い出していただきたい。
それだけ大きなチャンスの時は、大きなピンチの時でもあるということを。


鉄則3:余剰金が10万円超えるまでは最小ロットで勝負せよ

例えば50万円でスタートした場合には口座残高が60万円を超えるまでは、無駄にロット数を増やさないようにしましょう。
(取引通貨単位が10,000の場合です)
スタート時より+10万円を最小ロットで稼ぎ出せる頃には、きっとFX初心者の域から脱せられているはずですので、大きな勝負をしかけるのはその後からにするべきです。
鉄則1、2を守っていらっしゃれば最小ロットで勝負していても、数か月くらいで達成できる金額だと思います。みみっちい話をしていると思われるかもしれませんが、実は一番高いハードルを提示しています。
これを成し遂げるまでは何年経ってもFX初心者のままだといっても過言ではありません。


NEXT→→申し込みから開通までの流れ