GMOクリック証券

GMOクリック証券-バナー
スプレッド(USD/JPY) 0.3銭
最小取引単位 10,000通貨単位
取り扱い通貨ペア数 14ペア
受賞歴 取引高世界1位

GMOクリック証券はFX界のトップ?

FX取引高2年連続世界1位。
まだ初心者の方にはこれがどれだけ凄いことかいまいちピンと来ないかもしれませんが、日本人はやはりどうしても投資や資産運用に対して消極的な人も多い中で、それでも日本のFX会社が世界1位を取る。これは本当に凄いことなのです
まずその魅力の1つが多彩な取引ツールにあります。

何よりPC用取引ツールだけでも4つあり、スマホ・タブレット対応はもちろんのこと、ガラケーでもしっかり取引できるシステムが用意されています
特にオススメなのが、「描画ツール」も25種類ほど用意されていること。
描画ツールというのは、チャートの中に自分で線を記入することでトレンドを見極めるなど、チャート分析には欠かせないツールの1つです。
「このラインを超えると今日の値動き幅平均以上の動きだよ。勢いがある可能性を示しているよ」というようなことを教えてくれる「テクニカルチャート」ももちろん充実しています。
しかし、それに加えて自分でもラインを引き「自分の経験上、この形になる時は、上がると見せかけて下がる気がする…」など、独自の予想を立ててみることがFXをやる上で一番の勉強になります。
人やシステムに教えてもらうことも初心者には大事なことかもしれませんが、自分で考えて試してみることも重要ですよ!
dff6109aadae8eefbbd1190a56463a33_s


安心と安全の保証体制

さらにそれだけではないのが「世界1位」の責任感とでもいいましょうか。
GMOクリック証券の「信託保全」は「三井住友銀行」と「みずほ信託銀行」の2つの超大手都市銀行がついています。
なので、万が一GMOクリック証券が倒産したとしても、あなたがFX口座にいれていたお金は保証されています。
その昔はFX業者が倒産して利用者の口座のお金を持ち逃げするなんて不安もありましたが、今では法律で「利用者のお金は、他の銀行に信託しなくてはいけない」という義務付けが行われるようになったので、あなたのお金はFX会社ではなく、信頼のおける超大手都銀が管理してくれています。
だから、GMOが万が一破たんしても、あなたの口座内にあるお金までもが一緒になくなってしまうなんて不安はありません。

また、中にはFXを長期的に投資し、スワップ金利差で運用するという人もいますので、昨日と今日とで口座の中にある金額が定まっていないということも多いにありますが、それもGMOはきちんと毎営業日ごとに計算をし、利用者一人あたりの信託保全対象額を算出していますので安心です。