外為オンライン

外為オンライン-バナー
スプレッド(USD/JPY) 1.0銭
最小取引単位 10,000通貨単位
取り扱い通貨ペア数 24ペア
受賞歴 特になし

外為オンラインのFXはここがスゴイ!

取引ツールの使いやすさでFX初心者だけでなくベテラン勢からも好評を集めているのが外為オンラインです。
あの有名なアイドルの起用でも注目を浴びたので知名度も一気にうなぎ上り中ですね!
他のFX会社で「取引ツールが凄い」というとチャートが多機能で見やすいとか、アプリが軽快でサクサク取引できるのでストレスフリーですとか、そんな話になってしまいがちですが、外為オンラインではちょっと一味違うのです。

正確には取引ツールというより注文システムなのですが、でもこれが初心者にはとにかく便利で心強いのです。
まず1つ目は「オフセット注文」
これは最初に注文を出す時に「手数料」を支払うというFXでは割と珍しい注文システムです。
しかし、注目すべきはここ!
なんとどんなに負けても手数料以上は支払わなくていいのです!
通常の注文では手数料無料で注文することが可能ですが、その分いくらでも負けてしまいます。
「そんなの損切り設定を自分でして守ればいい話じゃん?」って思うかもしれません。
しかし、人間の意志というのは実に脆いのです。
9b187f9bc153caea95a4674f3b79fb27_s

「5000円負けてる…!あ、でも、今、マイナス3900円まで戻って来た。よし、じゃあ3000円負けの時点で決算しよう」
と思っていても、実際に、順調に3100円くらいまで戻って来ると「あれ?もうちょっと戻るかな?じゃあ2500円での損切りに変えようかな」と思ってしまい、そうこうしているうちに負け額が8000円にまでなってしまった…。
そんなことがしょっちゅう起きます。
特にFXデビューしたての初心者こそやってしまいがちです。

だからこそオフセット注文はおすすめなのです。
手数料はやや高いですが、「保険料」だと思い、さらに「その手数料分を絶対に取り返せる相場だ!」と自信を持って判断出来る時にしか注文を出さない癖をつけられるのもメリットの1つなのです。


もう1つの便利な注文方法

そしてもう1つの魅力的な注文方法は、「iサイクル注文」です。
つい最近本格導入が始まったばかりの最新メソッドです。
これは自分が想定した範囲内の値段の幅(レンジ)の中で、「いくらになったら利益確定して、いくらになったら損切りをして、いくらになったら注文を発動して…」というのを自動的に繰り返してくれるシステムです。
例えば、今日は100.00~101.00の間でしか動かないだろうと予測を立てるとします。
そしてさらに「でも今日はいきなり20pips以上動いたりはしないだろうな」と予測したとします。
そうすると「上昇トレンド」になったら買い注文を発動し、10pips動いたら決済して…という風に指定した動きをオートマチックに繰り返してくれます。
しかもポイントは予想外の動きで「レンジの幅が変わる」ということが起きた時にも、そのズレた分に併せて変動幅を変更してくれる賢いシステムなのです。
チャンスを逃さず損幅を最低限に抑えられるFX界期待の新システムを是非ご活用ください。